ろっころん☆コロン

  六甲山のふもとでコロン♪
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink

ファイナル

あいかわらずバタバタしていて、、、
記事にするのがずいぶん遅くなってしまったけれど…


私にとって2度目の
「明治安田生命Presents Kazumasa Oda Tour 2011
 どーもどーも〜その日が来るまで〜」は
10月13日(木)、神戸のワールド記念ホールで。
(もう2週間前!!)

ちなみに、、1度目は こちら

座席は1度目と比べるとイマイチの場所だったけど
小田さんは基本的に会場を所狭しと動きまわってくれるので
だいじょうぶ♪


恒例ご当地紀行の最後では
これも恒例になりつつある「みんなで歌い倒そうコーナー」。
今回は須磨海岸に居る小田さんと「紅葉」を合唱。
9月の京セラドームは、靭公園で「夏の思い出」。

この日もやはり30曲以上歌ってくれました。
最初から最後まで変わらないあの伸びやかな声。
素敵な歌詞につい、、、ホロリ。
一緒に行った姉も大絶賛。

前回のコンサートで買った本以外に
ネットでもあれこれ探して買ったりして。


今更ですが
小田さんに、、胸キュン♪(笑)

 

そんな小田和正さんのツアーは昨夜がファイナル。
横浜アリーナは盛り上がって
涙、涙、涙で終わったんだろうな。

半年のツアー中、
どれだけ多くの人が勇気と感動を受け取り
そして励ましてもらったことか。

素晴らしい歌をありがとう!


****

そうそう、
京セラドームに小田和正さんの手形があるんですって?!
今度行ったときには絶対にチェ〜ック!!


映画、本、テレビ、音楽 | permalink

すごい!?

寒暖差の大きいここ数日。

インフルエンザも流行りはじめているようで、、
季節のかわりめは注意が必要ですね。

*****


以前ここで記事にした「人生がときめく片づけの魔法」の本
先週末、楽天市場の全体ランキングの上位に急浮上。

テレビでも最近取り上げられているようですね。


人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法
著者:近藤麻理恵
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る






*****


先日のライブコンサートのときに買ったドキュメント本を読んでると
小田さんの深さがよく伝わってきます。
やっぱりすごい人です。



小田和正ドキュメント

小田和正ドキュメント
著者:小貫信昭
価格:1,500円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る






*****


来週神戸で開催されるライブチケットをオークションで落札しました。

勿論!小田さんのライブ〜♪ (また行きます!)

オークション落札後はきちんと連絡とりあって
チケットは無事に受け取ることができました。

オークション取引をすると
お互いに評価しあって、評価が良いと1ポイントあがるのだけど
今回はポイントがあがらず。。。

なぜ??と調べてみたところ
「過去に取引をして評価を受けたことがある取引相手から、
 前回と同じ評価を受けた場合、 総合評価は変動しません。」
ですって。


今回の取引相手は、、、と、クリックしてみると、、、
以前取引したことがある人でした。
それも3年前の小田さんのチケット!(笑)


すごくないですか??


こういうこともあるんですね〜。びっくりです。



映画、本、テレビ、音楽 | permalink

どーも どーも

台風が去り急に涼しくなってからというもの
朝のコーヒーはアイスからホットに変更。
トイレ便座の暖房スイッチもオン。

食器洗いもそろそろお湯かな〜。

秋ですネ。


****

はじめて訪れた京セラドーム。
大きい〜。
野球場ですもんね。


でも、この日は野球ではなくコンサート♪


3年ぶりの小田さんのコンサート。

KAZUMASA ODA TOUR 2011
どーも どーも 〜その日が来るまで〜


まぁ、言うまでもないけれど、、、
素晴らしいコンサートで、小田さんを大いに堪能〜♪


今回手に入れたチケットの座席位置は本当に良い場所で
メインステージにほど近いBブロックのなんと3列目。
小田さんの汗もしっかり確認できるくらい近い席。
お友達と一緒です。


あの広いドームのアリーナいっぱいに設置された「MY 花道」を
歩いたり走ったり移動しながら歌ってくれます。

途中、階段でもかけあがったのか
息切れ(?)声が上ずったり(?)したような感じも少しはあったけれど
それ以外は最初から最後まであの美声は変わらず。
まるで声変わりなんてしていないような、、あの澄み切った声。
すごい人です。

結局3時間以上のライブで30曲以上は歌ってくれたのかな。
知らない曲も何曲かあったけれどほとんどが聞きなれた曲。
(ライブの数日前から部屋に流れるのはずっと小田さんの曲♪
 昨日も今日も朝から小田さん聞いて余韻に浸ってます♪)

シャイな人のようでMCはお世辞にも上手とは言えないけれど
そんなのカンケイない!?
「(席が遠くって)かすんでいる人たちも楽しんでください」
「私くらいの年齢の人やその上の人たち、身体には気をつけて、また会いましょう」
なんてやさしい言葉もあったりして。

癒されました♪

ピアノやギターは勿論、アンコールではサックスも吹いてくれて
会場は大盛り上がりで私も大きな声で叫んだり♪
観客だけではなく小田さん自身感極まって涙ぐむ場面も。

感動をありがとう。
元気をありがとう。
やさしい気持ちをありがとう!

 

そうそう、
24日(京セラドーム初日)の朝日新聞の天声人語に小田さんの歌が引用されてます。
こちら




****

コンサート前の腹ごしらえは
お友達とのランチ。

久しぶりの友達と美味しいものをいただきながら
話がはずむ楽しいひととき。

小田さんの言葉じゃないけれど、、、
「明日からも身体に気をつけて、また会おう!」
それから、、、お互いダイエットもがんばろう!?(笑)

つきあってくれてありがとう!



映画、本、テレビ、音楽 | permalink

SPRING AWAKENING

数人いる姪っ子たちのうち一人が劇団四季のメンバーで
今「春のめざめ」に出演している。

ぎりぎり千秋楽の日の前日(13日)京都劇場に観に行ってきた。



昨年、東京ではじまったこの「春のめざめ」は名古屋に続いて
今回の京都で3ケ所めの公演。

「春のめざめ」の舞台上には
ステージシートというのがあってそこで観劇している人もいる。
同じ舞台上にピアノをはじめとしてギターやドラムなどもあって生演奏。
いつもの四季とは違う感じ。

出演者はマイクを手に歌い踊り、とてもエネルギッシュ。
舞台セットも美しい。
照明も見事!

1890年代のドイツが舞台。
保守的な社会での思春期の頃の悩みがテーマで
虐待、同性愛、妊娠、自殺、、など内容は衝撃的だけど
日本では劇団四季だからこそ上演できた作品だと思う。




ソロで歌う部分が結構あった姪っ子も
良かった♪(身内びいきかもしれないけどネ)


舞台終了後、姪っ子に面会に行くとスッピンで出てきた。
今回の舞台はメークなしの素顔。
そりゃそうです。
14歳の少女を演じているのだから。

昨年の上演初期は三つ編みするには髪がまだ短かったため
つけ毛をしていたらしいけど
今ではすっかり伸びて自分の髪の毛で三つ編みを結っているそうだ。

「千秋楽がすんだら短く切りたい!」って。(笑)



映画、本、テレビ、音楽 | permalink

FANTASY

昨日に続き今日もEX○LEのライブコンサート。 




今日は私も行ってきました!


 
会場のそばまで。。。(涙)

でも、生歌は聴けた♪




映画、本、テレビ、音楽 | permalink