ろっころん☆コロン

  六甲山のふもとでコロン♪
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink

やっと、くぎ煮

「今年は高い!」と言われている「いかなご」に
昨日のジム帰り、はじめてお目にかかった。

夕方6時過ぎ、1キロ1980円が1680円に値引きされてた。
「水揚げ後時間が経ってるいかなご、ちゃんと炊けるかなぁ‥。」
不安がよぎったけれど、2キロ購入。
以前なら日曜日はいかなご漁はお休みだとかで
どこを探してもいかなごは買えなかったのに
ここ数年は日曜日も手に入るからずいぶん助かるのだけど。



ジム仲間の中には毎日昼間並んですでに20キロ炊いた人もいる。
1キロあたり3000円ほどだったと言うから
砂糖や醤油、酒、みりんなど調味料、各地への送料などを含めると
1キロあたり4000円は下らないはず。
くぎ煮作りに8万円とは、、大変だ〜!!

昨日は夜になってから炊きあげたくぎ煮だけど、無事成功♪



今朝起きても、醤油と砂糖の甘辛い香りが部屋中に充満している。
さ〜て、
このシーズン中、私は何キロ炊けるかな??

去年の記事は こちら
ずいぶん前に作った詳しいレシピは こちら
手作り保存食等 | permalink

あま〜いもの三種

昨日までの春のような陽気から一転、冬が戻ってきた(?)感じ。

夫は昨夜、新任地へ向かい日本を発ちました。
夫の一時帰国中、偶然にも連休がとれて帰宅していた娘も寮へ戻り
今日からまた普段の生活です。

それにしても慌ただしい一週間でした。

昨日はあまりにもバタバタしすぎて
娘が前夜遅く完成させたお菓子も、
夫の口に入ったのはほんのわずかだけ。

ロールケーキ&フォンダンショコラ&生キャラメル




*ロールケーキ
焼き色を外側にするかフワフワを外側にするか、いつも聞かれる。
私は外がフワフワなのが好み♪




*フォンダンショコラ
食べる直前にレンジでチン♪すると中のチョコレートがトロッと溶けて美味♪



*生キャラメル
歯にくっつかず口の中でスーととける♪
柔らかくって包みにくそうにしている娘にアドバイス。
片栗粉まぶすかオブラートでくるんでみたら??
ナイスアイデアだったようです♪




冷蔵庫には今もたっぷり甘いものが。
独り占めしようと出し渋っていたワケではなく
出すのを忘れてたのです。。いやホント?!(*^_^*)
手作り保存食等 | permalink

つるし柿

毎冬、義妹から手作り干し柿がたくさん届く。

一度作ってみたいなぁと思いながらも
作ったことがなかったのだけど
めるめるさんのブログ
「簡単にできるよ」と教えてもらったので
今年は私も挑戦!

先月の終わり頃、渋柿を一袋(6個)購入。



皮を剥いていると美味しそうな甘い香り。
思わず食べたくなるけれど
口中に広がるあの渋味を思うと決して口には入れられない。

皮を剥いて枝を紐でくくり
熱湯に通してあとは外に吊るすだけ。



ネットで調べてみると
一週間ほどしたら優しく揉みこみ、
形を整えるといいらしい。
その作業を何度か繰り返して
柔らかくて色艶が良くなれば完成。
直射日光が当たりすぎると黒く変色してしまうとか。。

外に吊るして3週間以上過ぎたある日
娘と味見。



ふふふ
甘〜くなってました〜♪

その後渋柿を買い足したのは当然!!
だって、食いしん坊家族ですから〜(*^^*)
手作り保存食等 | permalink

栗の季節

土曜の夜からずいぶん気温が下がり、一気に秋が来た感じ!
部屋で穿くpantsも短いのから長いのに衣替え♪

****

映画が公開された昨秋は
兄が亡くなった直後だったので
とても観ることができなかった「Life 天国で君に逢えたら」。

当時、飯島夏樹さんのブログも読んでいたけれど
昨夜のテレビ放映を観て、、、やはり落涙。。

「病の人に『一人』だと感じさせない。」
大切なことだと心から思いました。

****

アクセス解析を見ると
この時期の検索語句で一番多いのは
なんといっても「栗の渋皮煮」。
皆さん作ってらっしゃるのね〜♪


毎年初夏には新茶を送ってくれる義妹宅から
今年も栗が届きました。



恒例、栗ご飯や渋皮煮を作る前に
まず作ったのは、、栗チップス☆
鬼皮だけを剥いて油で揚げてみた。



ふふふ♪
お酒のツマミにいけます!!
手作り保存食等 | permalink

我が家の春はいかなごから



いかなご漁が解禁(28日)になったと知り
早速1キロ(1580円也!)購入してくぎ煮作り。
ひなあられと一緒に春の香りを詰め込み夫宛てに送りました♪

去年のくぎ煮記事はこちら
一昨年はこちら

釜揚げも美味。
生いかなごをサッとお湯に通したあと冷凍室に短時間入れて余分な水分を飛ばす。



解凍後、大根おろしに載せ鰹節とお醤油で♪

手作り保存食等 | permalink